2005年07月24日

結婚しました、4日目

予定通りに結婚したドルマゲドンです。
私程の漢を放ってはおけないという事なのでしょう。
99人全員私と結婚希望などされてはゲームとして成り立ちませんからね。
…嬉しいなぁ嬉しいなぁ

エイト*33殿にはギリギリまでドレスの件で粘ったのですが聞き届けては貰えず…。
結婚は嬉しいのですが紳士である私がドレスを着用した件に関しては悪夢です。
写真を撮られた方はTV雑誌への投稿とネット流出だけはご勘弁願いたい。
携帯画像を呪いのチェーンメール化させるのもおやめ下さい。
紳士ドルマゲドンからのお願い…いえ、命令ですよ。

いしゅまう殿のことも相変わらず気になるのですが
銀髪の美しき、そう私の理想の風貌を持つククールstar殿も気になります。
その気がない?既婚者である私に遠慮されているようですね。
もうお一方いらしたのですが彼は本日天寿を全うされてしまわれた。
遅すぎた恋だったようですね。ククール9殿よ。ご冥福をお祈り致します。
エイト*33殿…結婚後も恋多き私を許してくれますか?


てゆーか知ってる?
攻は結婚しようが何しようが愛人との関係に支障はないけど
受は結婚して妊娠(いや俺が妊娠なんてありえねーけど!)した日には
愛人との破局がほぼ確定みたいなもんだってさ!何それ何それ。
見守り人は身を持ってそれ知ってたんだってさ!
知ってんなら余計に何で受にしたんじゃ見守り人ぉぉ!!
つーか産めねぇ!!俺ぜってー産めねぇよ!!心は攻なんだからな!
エイト*33殿がすっげぇ恐ろしい事言っとるよ。
属性が受ならそのうち心も体も受に、って…
あんた大和撫子かと思ってたらとんでもなかとですね…。
でもそんなあなたが好きです。マゲドン、そんなあなたと添い遂げたい。
惚れた側の弱味です。
それでさそれでさ!エイト*33殿にさー、内緒で夜だけ攻受交換してみない?
って言ったのに笑顔で無視されたんだよ。正直、マゲドン震えたね。
でも紳士だから。心は攻だけど紳士だから無理矢理はできないっしょ。
…エイト*33殿にだったら委ねちゃってもいいかナ?なんて思っちゃったりして…

はっ!何言ってんだ目ぇ覚ませ俺!第一級犯罪レベルでキモイぞ!
電車男でオタクに夢見た女性の目にキンカン塗りたくるレベルのキモさだぞ!!
ああああ…このままだと本当に受で産まされる…嫌だなぁ嫌だなぁ…。

見守り人コメント
posted by マゲドン at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

愛を深めて、3日目

誤解されている方が若干おられるので述べておきましょう。
私はオカマではないし呪いの力も持ってなどいません。
善良で完璧で紳士なドルマゲドンです。

遂にエイト*33殿と愛を深めましたよ。
場所はトロデーン城。
あの城は私の芸術の集大成。殺風景な城に絡まるイバラが美しいでしょう?
そんな場所で愛を深める二人…。美しい!素晴らしい!エクスタシー!
おお!エイト*33殿は私の為にリングを購入して下さったのですね。
私もすぐにドレスを用意しましょう。

え?エイト*33殿ドレス着てくれないの?
絶対エイト*33殿のほうが似合うってばー。
俺には似合わないって。俺が着たら世界仰天ニュースに登場だって。
視聴率は稼げそうだけど神聖なる結婚式で見世物になりたくないっしょ?
そう、俺ってばいつだって外見も心も攻だしー。属性が受にされただけ!
しかしエイト*33殿もなかなかいい性格をしているな。
付き合うってことは相手を知っていくことなんだね!
ひとつ大人の階段昇ったマゲドン(2歳)
…なぁ駄目なん?どうしても駄目なんか?
受は俺…か…。太字で強調かよエイト*33殿…。
ちくしょぉぉぉぉぉ!!受属性のバカヤロー!!!


気を取り直して…本日また私に相応しい方を見つけてしまいましたよ。
天女の如き棚引く髪と神秘的な風貌をあわせもついしゅまう殿
…おや?この方は我が恋人エイト*33殿の愛人マルジェロ殿の恋人
またしても私はあなたを傷つける事になるのかもしれません。
運命とは残酷なもの。悲しいなぁ、悲しいなぁ…。
マルジェロ殿とは好みが似ているのでしょうかね?
私と同じ好みとは非常に良いセンスをお持ちということですよ。
時が来た暁には是非我が恋友(同じ人を好きになった見る目のある方)としてリンクをさせて頂きたい。

見守り人コメント
posted by マゲドン at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

デート三昧、2日目

早速この愛の記録のファンが出来たらしい。
私は文章ですら見るものを惹きつけてしまうようですね。
PeoPle全住人から惚れられてしまうのは時間の問題でしょう。
99人の相手はシステム上できないそうですよ。困ったなぁ困ったなぁ…。

エイト*33殿とデートをしました。多くの場所へと出掛けてきましたよ。
その数17回。どうやらエイト*33殿は私に首ったけなようだ。
愛が深まらないのは素晴らしすぎる私への遠慮でしょうか。奥ゆかしい方だ。
彼も私への愛の記録を書き記しているようなので
少し恥ずかしいがリンクしてみましたよ。無断だが構わないでしょう。
同じ日記を使っているとのこと。
ぺ…ペアルッ…クとはこういうものを言うのでしたかね?
早くアルゴンリング、ではなかった。ウェディングドレスを買わなければいけませんね。
私は着たくないのでエイト*33殿に着てもらいます。
真っ白なウェディングドレスは絶対似合いますよ。
そして私が彼を姫抱っこで教会へ向かうのですよ。完璧でしょう。

…これだけやっても俺は受なんだろうがな!
誰だって見たいのはドルマゲ×エイトの筈だろ!?
瀕死のエイトたんに迫る鬼畜攻ドルマゲース。
求められてるのはぜってーそっちだって!いや俺紳士だけどさ!
受お得意の万人を魅了する天使の笑顔で微笑むエイト殿。いいねいいね。
微笑む俺じゃ怪談だろ!
幾ら稲○淳二需要増加の夏が来るからってそれはなしだべ!?


おっといけません。下品な言葉遣いなど私らしくない。
そうそう、若手国王に昇格しましたよ。私の実力ならば当然ですね。
見守り人コメント
posted by マゲドン at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見守り人の私信

早速見て下さってる方がいるとの事。
常に暴走していますが呆れず見てやって貰えればマゲドンも喜びます。

見守り人コメント
posted by マゲドン at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

まさかの恋人、1日目

早速私に相応しい恋人ができたのですよ。
エイト*33殿。先述した私の好みとは違う方なのだが
酷く惹かれるものがあったのです。可愛らしい方だ。
即効告白まさかのOK。…いえ、当然でしたね。
だが受は私だ。くっ…!(杖を壁に数回叩きつける)
おやおや、先に付き合っておられる方がいたのですね。
構いませんよ。略奪愛…美しい響きだ。
私という完璧な相手と付き合い始めたからには彼は見劣りしてしまうでしょう。
悲しいなぁ。悲しいなぁ。

…エイト*33殿の所持されているアイテムはどれだ?(こそこそと揃える)


てゆーかさーぶっちゃけ俺って押し倒したいタイプじゃないっしょ?
そいつが受だなんてPeoPle住人に対する嫌がらせだとマゲドン思うわけよ。
そんな奴ぁ徹底的に嫌われ役でいいのよぉ!
もうね、呪いとかかけてみたくなるじゃない?
何でも以前、PeoPle住人の中に呪いを得意とするオカマがいたって話だしー。
そいつと俺って外見似てるらしいよ?
受の事実そのものが俺には呪いみたいだがな!!
ああああまさか俺が受になったのはそいつの呪い!?

見守り人コメント
posted by マゲドン at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルマゲドンご紹介


気がつけば、PeoPleという世界に放り込まれていた私
何故か初めて来る気はしない。しかしそれほど長くいた気もしない。
何だかおかしな話だが、私程の素晴らしい人物なら充分にありえる話でしょう。
ひとつ分かったのはこの世界では恋人や人生の伴侶を得られるらしい。
私に相応しい奥方もいることだろう。
容姿は美しいに越した事はないがそれよりも私は心の美しさを尊重しよう。
細身で銀の長髪などかなり好みだ。瞳はスカイブルー。
なぜこんなピンポイントな好みなのかは自分でもよく分からない。
惚れた男を一心に愛し、一度は離れる事があろうと最後には私の元へ戻ってくる。
そんな一途な奥方が欲しいですね。
多少の浮気は許してあげますよ。多くの相手とつきあえばより私の素晴らしさが分かるというもの…。

だが、ステータスを見て愕然とした。
受?この私が受?受けろってか!?
産めってか!?無理無理無理ムリー!
何登録間違えてんだ無能見守り人!!
最初は攻のつもりだったけど攻心の受のほうが面白そうだっただと?
ふざけるなさっさと変更しろ!……変更できないだと?

悲しいなぁ悲しいなぁ…。
だが私はくじけませんよ。
大和撫子な恋人(攻)を探すことにしよう。

見守り人コメント
posted by マゲドン at 00:14| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。